アリオンテール

アリオンのブレーキランプを移植してみたらどうだろう?という単純な思いつきで取り組みました。写真は仮組みまでこぎつけたカプチの後姿です。
うーん?どんなもんでしょう?
なかなか思うようにはいきませんが進めます。

p1


とりあえず手に入れたテールランプとブレーキユニットです。某オークションで入手しました。
さすがに予備が無いと着手できませんね。それにしてもアリオンテールはでかいです。

p2


ハンズで入手したホットナイフ(80W)を使用してがんがん!切り刻みます。
80Wの威力は伊達じゃないです。やはり道具選びは重要ですね。

p3


アリオンテールは大きくて奥行きがあります。
ボディと干渉しそうなところは、ホットナイフでぶった切りました。
それでも当たるところはヤスリがけで対処しました。

p4


とりあえず、どんなものかと点灯させてみました。
うーん、ギザギザがきにいらないなあ~

p5


そこで、クリスタルレジンという樹脂を流し込んで、レンズのクリア化を試みました。
カプチのレンズは平面じゃないので、均一に硬化させるのに苦労しました。
もっと上手く出きるといいのですが、とりあえずクリア化です。

p6


そして仮組みです。
なんとかクリア化が出来ているようですがブレーキランプユニットが外側&上方へ向いています。一番上の写真ではアリオンテールの方が、視認性が高いような気もしますが・・・

p7


ようやく形になりました。

p1


テールライトのクリア加工を施工したため、意外なほど中が透き通ってしまいました。
純正風ならばLEDユニットの周囲をキラキラとさせて、見栄えよくなっているのですが、アリオンのLEDユニットは奥行きがあるため、カプチのテールライトカバーが取り付けられません。
そこで、LEDユニットの周囲をブラックアウトしてしまおうと考えました。が、考えてはみたもののなかなか実践となると上手くいきません。(そこが自作の楽しいところではありますが)
はじめに黒いスポンジで埋めて家庭用パテで埋めてみましたが、やはり・・・
次に考えたのが黒い布(ホットボンドで固定)で覆ってあげて防水加工に挑みました。

p2


とても見栄えが悪いですが、黒色のシリコンシールで埋め尽くしました。
ここは防水が目的なので見栄えは・・・

p3


取り付けました(^_^)v
上の写真はブレーキ点灯時のもので、こちらはスモール点灯時です。
やはり、ユニットが真後ろを向いていないところが不満ですが、世界に一つだけのオリジナルテール完成です。

p4


© Copyright warthog Allrights Reserved 2001