Cappuccino

コンセプト

カプチーノのコンセプトはずばり"オープンマインド2シーター"、スズキでは「意のままに操れるボディサイズの、操縦することが楽しいクルマ」と説明されている。

パッケージング

64psDOHC12Vターボをフロントミッドシップに搭載した古典的なFRレイアウトを採用したため、それが2人乗りのミニマムトランスポーターとして考えた場合非常に効率よく、軽自動車枠のオープン2シーターとして十分納得できるユーティリティーを獲得できたことになる。ただし、フルオープンにした場合は外したルーフをトランクに収納するため収容能力は格段に落ちるがこれは欠点とならないところがカプチーノ・オーナーの良いところ(爆)

エクステリア

なんと言っても軽自動車枠のオープンカーである。しかもルーフ形状は3分割でリヤピラーを格納できるため、世界初となる4ウェイトップが特徴!である。クローズド状態ではクーペそのもので気密性・耐候性に優れる。センター部だけを残せばTバールーフに変身?し、センター部も外せばタルガトップに、リヤピラーを格納すればフルオープンになる。ビートもロードスターも相当気持ち良いがカプチーノも例に漏れず当然気持ち良い!しかしロールケージを組むと爽快感は相当スポイルされてしまう(笑)
スズキ広報部によると、ルーフの脱着作業にかかる時間は慣れれば
2分で可能とのこと?自分は未だ慣れていないせいか?とても2分での作業はできない。

インテリア

正にライトウェイトスポーツと演出させる室内、低いドライバーズ・シート(まだ高い)、小径ステアリング(まだデカイ)、ロングノーズ、後輪よりに配置したドライビング・ポジション、まさに古典的なロードスターのようである。

メカニズム

搭載するエンジンは直列3気筒ツインカム12Vインタークーラーターボユニット(F6A)、最大出力64ps/6500rpm、最大トルク8.7kgm/4000rpmを発揮、そのF6をフロントミッドシップに置き5050の理想的な重量配分を実現した。
サスペンションは
Kカー初の四輪ダブルウィッシュボーン方式、アルミ製パーツも数多く採用し車量重量700kgのライトウェイトを実現した。ちなみにパワーウェイト・レシオは10.9kg/ps

これで

エアコンは標準、その他エアバック、ABSLSD、オーディオはオプションだったが145.8万円と記載されている。ちなみに上記セットオプションを含んだ価格は169.8万円!当時としては異例に高価であった。

P‐89(コンセプトモデル)

1989年東京モーターショー(晴海) 当時の軽自動車の規格はまだ550ccで全長3200mmの時代、スズキ・ブースで熱い視線を集めていた一台の軽自動車があった。カーボンファイバー製のモノコックボディーを採用した車両重量500kgの車体にアルトワークスのF5B改を搭載したショーカー!それがカプチーノの前身P-89である。


E-EA11R(1型)

199111月より発売開始、発売当初はサテライトシルバーとコルドバレッドの2色でスタート、その後93年にはダーククラシックジェイドパールが追加され、ブリティッシュ・ライトウェイト色が強く意識される。リミテッド専用色としてディープブルーパール(紺リミ1)も存在した。

E-EA11R(2型)

発売年度は明らかではないが2型が存在する。マイナーチェンジ前にはサテライトシルバーがマーキュリーシルバーメタリックに変更される。またリミテッド仕様が流行りディープブルーパール(紺リミ2)とサターンブラックメタリック(黒リミ)の5色が存在した。

E-EA21R(3型)

19955月より発売開始、エンジンが総アルミのK6Aに変更となりAT仕様が追加されたのが大きな変更点となる。外観ではアルミ(11Rより軽量)の形状が異なる。塗装色はマーキュリーシルバーメタリックにアンタスレッドにダークターコイズグリーンメタリックの3色、97年頃にはフラッシュレッドとブリティッシュグリーンパールに夫々変更された。

◉ modify
◉ parts list


© Copyright warthog Allrights Reserved 2001